KTC中央高等学院の詳細

 

今回は、通信制高校の中でも「KTC中央高等学院」をピックアップします。
生徒達が楽しんで学校生活を送れる様々な体制が整っている学校です。
気になるコース、学費、スクーリングのこと、進学先や就職先についてご紹介します。
大切な学校選びの参考になれば幸いです。

 

KTC中央高等学院とは

通信制高校「屋久島おおぞら高等学校」のキャンパスです。
生徒は屋久島おおぞら高等学校に入学し、日本全国にある最寄りのキャンパス「KTC中央高等学院」に3年間通い、高校卒業を目指します。
定められたレポートを定期的に提出し、年に一度、屋久島でのスクーリングに参加します。

 

また一般の勉強以外にも、興味を最大限に活かすトライアルレッスンに参加することで、先生と友達との交流を通して豊かな高校生活を応援しています。
KTC杯ネイル部門コンペ、フットサル部門、ダンス部門などなど、生徒達が積極的に関わりたいと思うようなイベントも目白押しです。

 

KTC中央高等学院は生徒の意志を尊重し、また自由度の高い通信制高校と言われており、制服も紺かブラウンのブレザーから選びますが、これは強制ではなく私服でも通学ができます。

 

KTC中央高等学院の特徴@ マイティーチャー制

KTC中央高等学院の大きな特徴として、まず「選べる!マイティーチャー制」があります。
マイティーチャー制とは、生徒の意志を尊重することを大切に考えられ導入されました。
初登校から2週間の間に生徒が色々な先生とコミュニケーションをとります。教えてもらいたいと思う先生の授業を受けるなどして、生徒が自分で担任を決めるのです。
もし選んだ先生が合わなかった場合は、研修を受けたスタッフが生徒また保護者をサポートする体制が整っています。
自分の意志が伴った学校生活、勉強に対する姿勢にも良い影響を与え、結果、高い卒業率を実現していると言えます。

 

KTC中央高等学院の特徴A トライアル授業

トライアル授業では、知らないことでもどんなことでもまず”トライ”することが大切と考えられ、スポーツ、そして各分野のプロの指導が受けられます。
例えば、ダンス・ボクシング・英会話・ボランティア・アクセサリー作り・イラスト・ネイリスト・トリマー・建築士・保育士・手話通訳士・パティシエなどなど。
そして、パソコン検定・簿記検定・数学検定・ネイル検定、他、多くの資格取得のバックアップもしています。
これらはウィークディコースおよびツーディコースのみ受講可能です。またキャンパスによって内容が異なるのでご注意ください。

 

様々な体験を積極的に参加していくことは、将来のために必ず意味のあるものになるでしょう。
生徒からは、「実際に授業を受けてみて自分には合わないと分かった」「授業を受けたことで興味が湧いた」など双方向の声があがっています。どちらも実際に体験したからこそ言えることなのです。

 

KTC中央高等学院にはこのように大きな特徴があります。
それでは早速、コースを紹介してまいりましょう。

 

コースの紹介

KTC中央高等学院には確実に高校を卒業するための3つの通学コースがあります。
@ウィークディコース(登校日数:週5日)
Aツーディコース(登校日数:週2日)
Bワンディコース(登校日数:週1日)※各キャンパスが定める1日

 

通学コースの他に以下3コースがあります。
@大学進学を目指す人のための”特別進学コース”
A自分のペースで学びたい人のための”個別指導コース”
Bプロ講師から学ぶ”マンガ・イラストコース”

 

さらにオプションコースとして、
@チャレンジプログラム(関東のみ)
Aロボットプログラミング(福岡小倉キャンパスのみ)
などがあります。

 

マイティーチャー制と同様、生徒の個性を尊重することを大切に考えるKTC中央高等学院ならではの様々なコース選択が用意されています。

 

学費

それでは学費をみてまいりましょう。
・入学金 100,000円
・屋久島あおぞら高等学校入学費用 350,000_円

 

上記に各コースの年間授業料が加わります。
@ウィークディコース 480,000円
Aツーディコース 240,000円
Bワンディコース 180,000円

 

屋久島スクーリングについて

屋久島で行われるスクーリングはKTC中央高等学院の魅力の1つとなっています。
大自然に包まれた屋久島に、全国のキャンパスに通う生徒、自宅で学んでいる生徒、すべての生徒が集合します。
このスクーリングは年1回(約1週間)。レポート提出とともに高校卒業に欠かせないものとなっています。

 

スクーリングの目的は、
・思いを伝えること
・考えること
・物を作ること
・我慢すること
・人と交わること

 

この5つの生きる力を育てるため、3つの体験が実施されます。
・大自然と向き合った遊び体験
・達成感を得る仕事体験
・都会生活から離れ大自然の中での不自由体験

 

約1週間のスクーリングで、チームビルディングや自然体験、問題解決演習が進められます。
そしてもう1つユニークなのは、外国人教員によるグローバル教育。英会話レッスンだけでなく、異文化を知る、国際交流が実現されています。

 

参加した生徒からは、「コンビニのない、そしていつもいるはずの人がいない生活が人生の宝物になった」「何千年も変わらない屋久島の木々に感動した」などなど、ポジティブな声があがっています。
全日制高校ではなかなか体験できないこの濃密な時間を過ごすスクーリングは、生徒達にとって視野を広げ、将来に繋がる大変貴重な経験になるでしょう。

 

全国に広がるキャンパス

KTC中央高等学院のキャンパスは全国にあります。
( )の数字がキャンパス数となります。
北海道・東北エリア(2)
関東・甲信越エリア(14)
東海・北陸エリア(6)
近畿エリア(5)
中国・四国エリア(5)
九州_・沖縄エリア(4)
そして、カナダ・バンクーバーにも海外キャンパスが1校あります。

 

KTC中央高等学院バンクーバーキャンパス

KTC中央高等学院在籍期間中の約半年間(22週間)、ホームスティを体験しながらバンクーバーキャンパスへ通うことができます。
現地語学学校へ通学し、午前中は英会話レッスン、午後は日本国内のキャンパスと同様、高校卒業のためのレポート学習が行われます。よって、卒業時期が遅れる心配がないのも嬉しいですね。
高校時代にカナダで過ごす時間は、英語習得だけでなく異なる文化を知り日本の良さをも知る、とても素晴らしい体験になるでしょう。

 

主な進学先

国立大学、私立大学、短期大学、そして多数の専門学校へ進学の実績があります。
2016年の主な大学合格実績は以下です。京都大学、早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、立命館大学、近畿大学、関西学院大学など。

 

主な就職先

トライアルレッスンや資格取得が充実しているKTC中央高等学院。
ヘアメイク、ネイリスト、エステティシャン、行政書士、手話通訳士などの専門授業を受けることができ、また資格科目では、ホームヘルパー2級、簿記、パソコン、初級公務員、秘書検定などの資格を学べます。
就職先もこれらの資格を活かしたものになっています。

 

以上、KTC中央高等学院について、ご紹介しました。
生徒の意志を尊重したマイティーチャー制やコース、自己の成長を目的とする屋久島でのスクーリング、KTC中央高等学院ならではのユニークな特徴が子ども達の学ぶ意欲を刺激します。
またチャレンジすることの多い学校であり、生徒はそれぞれ自分の方向性を判断していける機会に恵まれます。
これらのことが卒業率の高さに繋がっている理由と考えられているのではないでしょうか。

 

 

大阪のキャンパス

大阪梅田キャンパス
住所 〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西2-4-43山本ビル梅田
TEL

0120-75-1105

メール

info@ktc-school.com

マップ

大阪キャンパス
住所 〒556-0016 大阪府大阪市浪速区元町1-2-17エスペラントビル1F
TEL

0120-75-1105

メール

info@ktc-school.com

マップ